アイリスオーヤマ モップ IRIS 536508 回転モップ洗浄機能付き 〔品番:KMO-490SOR〕 3810356 KMO-490S 海外並行輸入正規品 OR モップ,536508,OR,IRIS,アイリスオーヤマ,thesitecrew.com,/cabureiba880778.html,KMO-490S,3950円,車用品・バイク用品 , 車用品 , メンテナンス用品 , ボディ洗浄・ケア用品 , モップ,〔品番:KMO-490SOR〕[3810356],回転モップ洗浄機能付き 3950円 アイリスオーヤマ モップ IRIS 536508 回転モップ洗浄機能付き KMO-490S OR 〔品番:KMO-490SOR〕[3810356] 車用品・バイク用品 車用品 メンテナンス用品 ボディ洗浄・ケア用品 モップ 3950円 アイリスオーヤマ モップ IRIS 536508 回転モップ洗浄機能付き KMO-490S OR 〔品番:KMO-490SOR〕[3810356] 車用品・バイク用品 車用品 メンテナンス用品 ボディ洗浄・ケア用品 モップ モップ,536508,OR,IRIS,アイリスオーヤマ,thesitecrew.com,/cabureiba880778.html,KMO-490S,3950円,車用品・バイク用品 , 車用品 , メンテナンス用品 , ボディ洗浄・ケア用品 , モップ,〔品番:KMO-490SOR〕[3810356],回転モップ洗浄機能付き アイリスオーヤマ モップ IRIS 536508 回転モップ洗浄機能付き 〔品番:KMO-490SOR〕 3810356 KMO-490S 海外並行輸入正規品 OR

アイリスオーヤマ モップ IRIS 536508 回転モップ洗浄機能付き 〔品番:KMO-490SOR〕 国内正規総代理店アイテム 3810356 KMO-490S 海外並行輸入正規品 OR

アイリスオーヤマ モップ IRIS 536508 回転モップ洗浄機能付き KMO-490S OR 〔品番:KMO-490SOR〕[3810356]

3950円

アイリスオーヤマ モップ IRIS 536508 回転モップ洗浄機能付き KMO-490S OR 〔品番:KMO-490SOR〕[3810356]



環境改善用品


清掃・衛生用品・清掃用品・モップ

KBA02

KBA04

KBA05

KBA06

KBH-230X-R

KD001

KF101-G

KF101-OR

KF101-P

KF101-Y

KF111-G

KF111-OR

KF111-P

KF111-Y

KMO-17

KMO-22OR

KMO-450BL

KMO-490SOR

KMO-540S

KMO-K2P
≪類似品 前 40個 ≪類似品 前20個類似品後 20個≫類似品後 40個≫
環境改善用品

アイリスオーヤマ モップ IRIS 536508 回転モップ洗浄機能付き KMO-490S OR 〔品番:KMO-490SOR〕[3810356]

菊地成孔ソロライヴ オリジナルサウンドトラック「機動戦士ガンダム サンダーボルト」

2016年6月23日(木)

『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』の前夜祭を翌日に控えた日。
JAZZの殿堂 BlueNote東京 でライブがありました。







菊地成孔 ソロ・ライヴ
- オリジナルサウンドトラック「機動戦士ガンダム サンダーボルト」 -





サンダーボルトの劇中で流れる楽曲をプロデュースされた菊地成孔さんと、そのバンドによる JAZZ & OldiesPOP のライブです。


重厚な扉を抜けると、広い空間には見慣れた名前から贈られた花が並びます。






ロビーもホールも地下です。
偶然にも、目の前を歩いていたのは松尾監督。


敷居が高いイメージがあります。
チケットも6,800円と安くは無い上に馴染みの無い場所なので躊躇しました。

背中を押してくれたのは6月3日・11日の夜に聞いたTBSラジオ「菊地成孔の粋な夜電波」でした。

高級JAZZクラブだからってドレスコードはまず無いです。
JAZZやジャンルミュージックが、アニメが好きな人を差別するなんてのは20世紀で終わった話で、いまやアニメが好き漫画が好きってのは非常にメジャーで、そっちが勝組ですからね。
是非、大手を振って臆せず来てください!


菊地成孔さんの言葉です。
随分とこちら側を持ち上げてくれているな…とは思いましたが、そこまで言って頂いたら躊躇してはいられません。
すぐにチケットを確保しました。

予約の名前をコースター状のチケットと引き替えます。




ロビーにはサインが書かれたポスターが2点。








他にも展示があると聞いていたのですが、どこを探しても見つかりません。

出来れば自力で見つけたかったのですが、時間も無いのでサンライズの方に教えて頂きました。

関係者の控室でもあるのかと思っていた通路の奥にバーがあり、そこの壁に3点の複製原画が掛けられていました。




OSTのジャケットに使われている線画の複製原画。


中央がダリル。




一番奥がイオ。







自由席なのでステージからは遠いのですが、視界の開けた良い席が空いていました。


この席、関係者方の席とも近くて驚きました。
狙ってたわけでも無く、全くの偶然です。

このライブのために用意されたカクテル『On the moon』1,500円(税別)


パインの甘さに隠れたコショウの辛さが刺激的で、イオとダリルが混在しているようなカクテルでした。

このデザインはフルアーマーガンダムをイメージしているそうです。



 −−− ライブ終了 −−−


このライブに来ていたかどうかで『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』がどう見えてくるのか変わってしまう気がしました。

実際、翌日の前夜祭で見たサンダーボルトはJAZZとOldiesPOPに包まれていました。

サンダーボルトの劇中で流れる曲はBGMではなく、その戦場で兵士が耳にしている音楽。
私たちは聴覚で戦場を疑似体験しながら映像を見ているのです。

その「音」をBlueNoteで体感できたことで、より深く作品世界を疑似体験できる感性を得た気がします。
このガンダムは物語が音楽に運ばれる「音」に乗ったガンダムなんだと思います。


ライブ終了後は、購入したCDに菊地成孔さんがサインをしてくれます。


事前には知らされていなかったことですが、この種のライブでは付き物です。

アナログ版は飾ってあるだけ。


菊地成孔さんいわく「レジェンダリー」なピアニスト、大西順子さんの復帰後初のアルバムも販売しており、サインの対象です。




ここでは通常版が購入できます。


左上からICI(市川愛)さん、大西順子さん、菊地成孔さん。


とても素晴らしいライブでした。
続きを読む
スポンサーサイト



THE ORIGIN Ⅲ 前夜祭・初日舞台挨拶(+サンダーボルト展示物)

2016年5月20日(金)
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ 〜暁の蜂起〜 前夜祭』

登壇者:三宅健太(ドズル役)/ 渡辺明乃(キシリア役)


新宿ピカデリーのロビーに服制限の展示がありました(プレミア上映での展示物と重複する部分もあります)


ギレンが入学式で使った台が置かれていて、ここで記念写真を撮ることも出来ます。




左には「サンダーボルト」と「THE ORIGIN Ⅲ」のポスター。


右には「ガンダムLIVE EXPO」のポスター。


この展示は三角錐状になっており、残りの2面を使って展示がされています。


THE ORIGIN Ⅲ
























サンダーボルト













前夜祭のチケットに含まれているグッズの詰まった不織布製バッグを受け取り、上映へ。



ロビーには「THE ORIGIN Ⅲ」のポスター。


ショップには劇場限定のガンプラ展示。





「サンダーボルト」の上映で販売される劇場限定ガンプラ2種も展示。




その背後には、静岡ホビーショーでお披露目された一般流通品の『MGフルアーマーガンダム』



 〜前夜祭、終了〜


トーク中は、プレミア上映でも使用されていたジオンの旗が飾られていました。


こちらはロビーにあった物とは別の台で、ダイクンが演説で使用した台かと。






これら、もちろんスタッフさんの許可の元で撮影していますが、恐れ多くも手を触れる者が・・・


広げてみてみたい気持ちは分かります、スタッフさんも困った顔をしつつも注意するでも無かったので便乗して撮影。







2016年5月21日(土)
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ 〜暁の蜂起〜 初日舞台挨拶』

登壇者:安彦良和/池田秀一/潘めぐみ/柿原徹也(ガルマ役)/前野智昭(リノ役)

今までなら一番最初の舞台挨拶が新宿ピカデリーでしたが、今回は初日の締めが新宿でした。

トーク終了後、谷口理プロデューサーと安彦さんが残り、一般客向けのフォトセッションを行って下さいました。























2016年6月17日(金)
『鉄血のオルフェンズ 振り返り上映 第3回目(14〜19話)』

登壇者:梅原裕一郎(ユージン役)/村田太志(シノ役)


新宿ピカデリーのロビーでは「THE ORIGIN Ⅲ」の頃から変わらず原画の展示がされています。


「THE ORIGIN Ⅲ」のポスターは無くなり「サンダーボルト」のポスターだけが残されています。


「ガンダムLIVE EXPO」は終了していますが、ポスターは継続して展示。


展示場所は以前のままですが、内容がサンダーボルトだけに絞られていました。







































この日の本題は『鉄血のオルフェンズ 振り返り上映 第3回目(14〜19話)』



シアター1の通路には大きな壁掛けが。








シアター1の入口前もサンダーボルトがズラッと。



今回も最前列のど真ん中です。


トーク内容の簡単なレポはこちら(自分のツイートを転載)

梅原さん
ユージンは当初、裏切る想定だった。
ユージン・セブンスタークの名前が「セブンスターズ」と被っている。
マクギリスと同じ金髪だし、裏切る想定だったし、梅原さんは期待してた(笑い混じり)
監督は「キャラ名は語感」で決めていたと。
被りません?と聞いても監督は「良いんだよ」とだけ。
最終話で、ビスケットの死をどう伝えれば…のユージンの台詞
重い演技をしてたら音響監督から「もっと軽く」と。
それで解き放たれ、さぁ帰ろうみたいな気持ちになれた。

村田さん
ユージンもシノもアドリブが多い。
監督から「後ろでずっと食べてて」言われ「うんめぇ、うんめぇ」ばかり言ってた。
キャラ同士の掛け合いにもアドリブが。
台本の台詞よりもアドリブが多い事も。
最終話シノの台詞がかなり削れたけど生きてた事が嬉しかった。
ノルバ・シノだから「乗るば死の」かと思って気にしてた。

サンライズ 企画担当 谷口廣次朗さん
キャラの生き死には演技に影響してはいけないので声優側には伝えない。
台本の台詞が修正されることは良くある。


今回もトーク終了後、鉄華団のフラッグが登場し、ここからは撮影解禁に。


最終回の先行上映から登場した同フラッグ。




既にびっしりと描き込まれています。




テーブルが用意されました。


その上にビニールシートが・・・


今までテーブルの上に直接、フラッグを乗せていたので初めてのケースです。


前回の振り返り上映で2枚目に移行しました。


前回、ど真ん中に書いてみましたが、意外なほどに他の人の書き込みが無かったので、今回もど真ん中に。
いきなり賭と言われても、後ろにも待っている状況でなかなか思いつかない物です。













続きを読む

GUNDAM Cafe/オリジン×サンボル プロデューサートークRound2

2016年6月16日(木)

ガンダムファンクラブ会員限定イベント
『オリジン VS サンダーボルト プロデューサートーク round.2 featuring ユニコーン』

登壇者:
 谷口 理(THE ORIGIN プロデューサー)
 小形尚弘(サンダーボルト プロデューサー)
 福井晴敏(ガンダムUC原作・ストーリー)
臨時ゲスト
 脇 顯太朗(撮影監督)

18:30 集合時間の1時間前に到着。


まだ列を作るような姿はありません。


まぁ、整理番号も発行されているし、席も決まっているので早く来る意味はありません。

イベントの準備のため、閉店時間が葉山なるお知らせが貼り出されていました。


毎度の事ながら、急な閉店を知らずに来たお客さんが立ち尽くしています。
旅行客や海外からのお客さんだと非常に申し訳ない気持ちになります。


急に場所を移された大河原邦男展カラーのガンダムが、通常版と並び立つ位置に置かれていました。




今回もイベント用に内容を絞り込んだメニュー表が用意されていました。


イベント用に作られたメニューはアルコールが1種のみ。






『戦場の戦慄』810円(税別)


マティーニで、かなりアルコールは強めです。


サンダーボルトで流れるJAZZをイメージしておりサックスを模ったリンゴが添えられていました。


だったら、フードは赤いザクを選ぶしかありません。



秋葉原店は「ガンダムクロスウォー イラスト展示」期間で、イベントのために部分的な撤去がされている物の、かなりの量の展示物はそのままです。


席は整理券の番号で割り振られており、若い番号が良い席とは限りません。


「ガンダムクロスウォー」の垂れ幕が外されています。




配信用の機材が多く並び、そのために席数が減っています。












モニターすぐ横に貼られていた縦長のイラストパネルは、おそらく写り込んでしまうからなのか、剥がされてトイレ前に立て掛けられていました。




サインが書かれたヘキサパネルは「ガンダムクロスウォー展示」が始まった日からパネルの数が減らされていました。


6月10日にパネルが1枚増えていた様ですが、今更気付きました。


L'Arc〜en〜Ciel のyukihiroさん。






今回はこの17番が私の席で、登壇者から遠くなってしまいました。




置かれていたチラシは2種。




ライブ配信でも表示されていた映像が、中央の画面にも映し出されました。


プロデューサートークトークの始まりです。



 〜 プロデューサートーク round.2 開始 〜


こちら、終了後の福井さん、谷口さんのテーブル。






こちら、小形さん、脇さんのテーブル。




続きを読む

GUNDAM Cafe/ガンダムクロスウォーイラスト展示

2016年6月14日(火)

秋葉原店とスクエア店で「ガンダムクロスウォー」のイラスト展示がされます。
期間:6月14日(火)~7月13日(水)

期間中に1会計につき1080円(税込)以上でガンダムクロスウォープロモーションカード「ユニコーンガンダム(覚醒)」が1枚もらえます。
※1. 1回計3000円でももらえるのは1枚
※2. 対象はガンダムカフェ全店舗


展示初日ですが入店待ちはナシ。




メニューポスターが貼られる位置にはクロスウォーのポスター。


反対側は昨日までと同じ。



店内入ってすぐに大きな垂れ幕状のポスター。






カウンター席後ろの展示スペースにイラスト展示3枚。










柱側の席(旧シャア専用席)










ハロカウンターの前






配膳カウンター付近に4枚。
















モニター周辺。


モニター右に2枚。




モニター左(トイレ側)に2枚。




真下にはポスター。



4人掛け席の壁側にはサンダーボルト。






突き当たりの展示スペース。


壁側に3枚。








ケースの中には大きめな12枚。


















サイン(ヘキサパネル)が並ぶ壁面は、サインが大幅に撤去され展示スペースにあてられています。



















































撮影を終えてジャブローコーヒー。
店内は外国人が多めです。



テーブルにはメニュー表に紛れて、今回の展示をお知らせする広告が置かれていました。





6月17日からは「覚醒ユニコーンカード」に変わり、デッキがもらえるようになります。



帰りがけにショップへ立ち寄ると、こちらにも3枚のイラスト展示。












そして東京駅店へ。


東京駅店でも、クロスウォーイラスト展示の告知がされています。











目的は、この日から始まる新メニュー2種。


レジ前には手書きのメニュー。


レジカウンターのメニュー表。


手書きで新メニューが追加されています。


東京駅店でも1080円のお買上で「覚醒ユニコーンカード」がもらえます。


本日はこれらを注文。



『カラフルタピオカ 刹那・F・セイエイ』464円(税込)
ブルーキュラソーシロップとカルピス・・・だと思います。無炭酸です。


ガンダムカフェのタピオカドリンクはどの店舗も共通して量が多くて粒も大きいので、最初からタピオカを狙って飲むつもりでいなければ、最後に大量のタピオカが残ってしまいます。



『ガンプラもなかアイス マンゴー』378円(税込)


てっきり、秋葉原店が前フェアで余らせたシャーベットを消化するためのメニュー化と思いましたが、そうでは無く新規で用意したシャーベットだそうです。








ガンダムLIVE EXPO(展示物)

2016年6月12日(日)

タイトル:ガンダムLIVE EXPO ~ジオンの世紀~
福井晴敏さんと隅沢克之さん脚本によるライブイベントで『赤の肖像』にミュージシャンによるライブを差し込んだ内容です。

場所:パシフィコ横浜 国立大ホール

時間:昼 開場13:00/開演14:00  夜 開場17:30/開演18:30
(昼は会場が1時間早まりました)

出演:池田秀一/潘めぐみ/森口博子/米倉千尋/MIQ/石田 匠/菊地成孔/ICI a.k.a.市川 愛/Aimer

価格:全席指定 5,800円(税抜)



今回はご招待頂いているので会場の2時間前にのんびりと到着。


途中にこんな説明が・・・


入場待機、物販待機、パンフレットのみ購入待機の3パターン。


一番混雑する物販で待機人数20人程なので、のんびり来て正解でした。


外からでも、展示物の一部が見えていましたが・・・


撮影禁止マークだらけで意気消沈。


開場時間の1時間前ともなると、さすがに長蛇の列が出来上がっていました。


グッズの一覧。


当日券売り場は、建物の真裏です。


招待席の受付も同じく建物の真裏ですが、開場時間の12時になっても何も準備がされていません。


招待客とプレスの受付は13時からでしたが、更に遅くなり13時10分頃になり、やっとパスとチケットを受け取れました。



ここからは、会場内の内容です。
(写り込んだ撮影禁止内容はぼかしています)

2014年の「ガンダムUC FILM & LIVE」と似たレイアウトになっていますが、あのときよりは少し規模が小さい気がします。


正面はこちら。






かなり控え目な関連グッズ展示。









撮影スポットでしょうか。





物販では澤野さんとAimerさんのサイン色紙付きCDが販売されていました。


サンダーボルトのBlu-ray受付もしていましたが、特筆すべき事も無し。
こちらは開場前の様子。


撮影禁止は入口側に固まっています。

〈撮影禁止の複製設定画〉
ファースト(12点)、Z(15点)、ZZ(7点)、0080(11点)、0083(11点)、08小隊(12点)、逆シャア(20点)、F91(9点)、サンダーボルト(30点)。なぜかVは無し。

〈撮影禁止の複製原画〉
CD、DVD、Blu-rayのパッケージや記念行事のキービジュアル等、ガンダムインフォでカウントダウン投稿されていた物の数々。

正面から見た、これらブロックの左右側面と裏側は全て撮影禁止。



最初の撮影禁止ブロックよりも奥には撮影可能の展示があります。
こちらが表側で「UC」と「サンダーボルト」の展示。


裏側は「THE ORIGIN」と「鉄血のオルフェンズ」


それらの間には、8月3日から銀座で開催される『GUNDAM PRODUCT ART 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN展』のポスターが。




【展示物:ガンダムUC】






























【展示物:鉄血のオルフェンズ】




























【展示物:サンダーボルト】































THE ORIGIN】






























撮影可能ブロックの奥(展示エリアの最後尾)には、カウントダウンで紹介されていた原画(複製では無く実物)が展示されていましたが、こちらの撮影禁止。



届いていたお花たち。









2回の公演を終えて物販が締め切られた時点でのグッズ売れ行き状況。



内容のレポは、ガンダムインフォなどで詳しいものが上がると思うので割愛します。

多数のカメラが入っていたので、何かしらのカタチで公開されるのではないでしょうか。
(という希望はありますが、2009年のSeoul-Gも撮影はしていても未発表です)






GUNDAM Cafe/ORIGIN Ⅲ初日3店舗制覇

2016年5月19日(木)
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ 暁の蜂起』公開記念フェア、初日です。


前フェア、前々フェアでは開店1時間前には既に列が出来ている状況だったので、今回も1時間以上前に確認してみます。


9:00 入店待ち無し。


平穏な開店準備の光景。


10:00 開店時間には、後ろに3組程の入店待ちが。




左側には、フェアメニューポスター。


フェアメニューポスターの下は、前回フェアが終わってから暫く貼られていた通常メニューの集合体。


右側は、前回フェアから引き続きカードゲーム「ガンダムトライヴ」とのコラボメニューのポスター。


入口脇。


には、前日のキラ、カガリの誕生日だと言う事で客が持ち込んだ花束が多数。











個人的な欲求の発露に公式店が乗ってしまうのは好きではありませんが、認めてしまっている以上は仕方が無い。

店内の掲示物は、フェアの無い期間でもTHE ORIGINの複製原画を展示しているので変化無し。


店内奥の展示スペース。




ガンプラや、カフェグッズを並べているだけで特筆すべき事は無し。














昔はフェアに合わせたオリジナルのPOPが作られていたり、工夫があって楽しかったのですが、今では見覚えある物が並ぶ棚になってしまいました。


テーブルに置かれているフェアメニュー表。


今回も、どのメニューも1,000円超えです。




ドリンクの種類はシンプルで良いのですが、コースターがカフェ史上最も困難で複雑です。


フェア期間は25日間
 全店共通コースター4種
 各店舗限定コースター3種
 前半限定(13日間)コースター2種
 後半限定(11日間)コースター2種  合計:全11種

全店共通と各店舗限定は通期で配布。
通期も期間限定も全てがシャッフルされて配布されます。

後半のコースターの扱いは11日間で、これはガンダムカフェとして最短。
難易度としては過去最高だと思います。


レジカウンターにはカフェ6周年で送られたお客さんからのカード。


レジのメニュー表もテーブルの物と同じ。




全2種のプチプレートサンプル。


あっさりとコンプリートしました。






暁の蜂起


シャア・アズナブル



コースターは前半限定1種が2枚と、店舗限定が1枚という好スタート。


一旦は完売していたガンダムトライヴとのコラボコースターも復活していました。
(この数日後に、再び完売しました)



カウンター後ろの画面では、定番のフェアメニュースライドショー。








今回はアルコールメニューもノンアルコールと並んで表示されているので「ディナータイムで無ければ見られない画面」はありません。



今回も、撮影がしやすいいつもの席。



ディナータイムのアルコールとセットにするため、フェアフード1種を残して全て注文。



日中に注文出来るドリンク全3種。



『YMS-03 ヴァッフ 黒ゴマ豆乳 ~黒ゴマアイス添え~』750円(税抜)


黒ゴマアイスの下は牛乳+黒ゴマで甘さは無く黒ゴマの香りが目立ちます。
モノアイはチェリーのシロップ漬け。


アイス様のスプーンストローが用意されます。



『シャア・アズナブル ~キウイ&マンゴーソーダ~』430円(税抜)
この色のドリンクだと青リンゴなど酸っぱい味になりがちですが、今回は甘い炭酸ドリンクで飲みやすくなっています。


サングラスを象ったリンゴが乗っています。


攪拌しても沈殿はゼロにはなりません。



『暁の空 ~ミックスベリー&オレンジソーダ~』430円(税抜)
一応は炭酸ドリンクですが、混ぜ物が多いせいか微炭酸に感じます。




朝焼けのような不快色からのグラデーションがキレイです。


攪拌すると欽一に混ざります。



『キミの宮殿だ ~濃厚カルボナーラ ジェノバソース添え~』1,000円(税抜)


これがシャア・・・ギャグ漫画に見えてしまいますがシャアです。


印象深いテントを張るシーンの再現ですが、テント(海苔)は自分で乗せる仕様です。


この紫キャベツがガルマ。


名台詞を頭の中で反芻しながら乗せます。


テント完成。


ガルマもご満悦?


ガルマ目線だと、このように見えているはず。


ガルマ、頂きます。



『バイザーを拾え! ~ソースチキンカツ&とろっとオムライス~』1,000円(税抜)


シャアの頬を叩いた張り手はソースカツ。


それをそばで見ていたガルマは付け合わせのサラダに。


オムライスの中身は白米で、ソースカツと相性良しです。



誰かが「ぐてたまみたい」と言っていましたが、言い得ている気がします。



『馴れ初めは蜂起の陰で ~ポップオーバーの特製サワークリームフルーツ添え~』980円(税抜)
ごついドズルの顔を分割したシュー生地で再現するという、なんとも力任せなアレンジで、中には爽やかなサワークリーム。


添えられたフルーツはゼナ。
そこに立て掛けられたパンは銃をイメージしており、表面がキャラメリゼされてパリパリです。




続いては台場店。




フェアメニューと、THE ORIGIN Ⅲのポスター。


フェアメニューが貼られる定番の壁面は、今はコネクトポイントのポスターに場所を奪われています。


テーブルの上にはA4サイズのフェアメニュー表。




カウンター上の画面では、フェアメニューの画面がスライドショーしています。













カウンター前のポールにはフェアメニューも加わっています。




カウンターの上はに、通常メニュー表とフェアメニュー表。




秋葉原同様にプチプレートのサンプル展示もあります。




プチプレート抽選方法は全店共通。


外国人客の多い台場店らしく、プチプレート抽選の表記も英語です。


こちらでも無事にコンプでき、これで目標の2セットが揃いました。


コースターは全店共通で、今のところダブリなし。


台場店の全フェアメニュー。



『黎明(れいめい)に響く鬨(とき)の声 ~グレープゼリー チョコマシュマロ添え~』460円(税抜)
中央の紫がガルマで、周りのチョコマシュマロは突き上げられたモブキャラの拳。皆を鼓舞した場面を再現。


カップの後半はグレープゼリー。
マシュマロを包んでいるチョコは常温で溶けてしまうのでポタポタと危険です。



『雨上がりの友情 ~カレーナンドッグ~』460円(税抜)
ドリンクのセットは全店舗共通の「シャア・アズナブル」が合うのでは無いでしょうか。


左から、ソーセージ=杖、紫キャベツ=ガルマ、たまご=シャア。



『リノ・フェルナンデス ~バターラム&コークモヒート~』430円(税抜)
かなりコーラの味が前に出ています。


添えられたセリフは全3種でランダムです。


こちらが3種のセリフ。



コースターは店舗限定の「リノ・フェルナンデス」も無事に引き当て、ダブリ無く順調に揃っています。


前半戦のコースターも揃いました。


台場から撤収。



東京駅店へ。


入口の立て看板。


フェアの内容になっています。




裏は通常メニュー。



入口のサンプル展示。


コースターとプチプレートが展示されています。





店内カウンター席には・・・


THE ORIGIN Ⅲのポスターが。


レジカウンターの並びにも・・・


THE ORIGIN Ⅲのポスターが。


その下に・・・


コースターやプチプレートのサンプル展示。


店内のモニターでは、フェアメニューのスライドショー。










ここでも店舗限定コースター「ガルマ」を引き当て・・・


後はドズルのみ。



東京駅店の全フェアメニュー。



『黎明(れいめい)の戦火 ~サルサドッグ~』550円(税別)
これも、セットドリンクは全店舗共通の「シャア・アズナブル」


武装した様子を突き出したソーセージで表現。
軽いパンを使用しているので、お腹いっぱいでもバクバクと食べられました。



『二人はライバル ~プリンタルト レモンの砂糖漬け添え~』550円(税別)
セットドリンクは「ガルマ・ザビ」にしてみました。




シャアとガルマがひとつのタルトに乗っています。
レモンは砂糖て漬け込まれ、ガルマを表したクリームとブルーベリーの下にはカスタードクリームが敷かれ、さながらシャアの手のひらの上・・・といった感じです。



『ガルマ・ザビ ~ブルーベリーラッシー~』430円(税別)
ヨーグルトやブルーベリーが使われ、優しく飲みやすい坊やの味わいです。



今回のフェアグッズは・・・


『THE ORIGIN Ⅲ メモリアルプレート』1296円(税込)



そして、秋葉原店へ。
17時以降に提供されるフェアアルコールメニューと、それとセットにするために残しておいたフードが目当てです。


フェア初日の帰宅時間ですが入店待ちは無くてありがたい。



『MW-01式 最後期型 宇宙仕様 ~パッションフルーツ&オレンジ マンゴーソルベ添え~』750円(税別)
コースター目当てでドリンクも注文。


アレンジマンゴーのアイスの上に、チョコで書いたラインが3本。


『暁の蜂起 ~スパイシードライカレー&肉団子のミートソース~』1,100円
ドライカレーもミートソースも濃い味付けになっており、お酒の進みそうなメニューです。


もちろん、この旗はお持ち帰り出来ます。





そして、コースター前半戦で手に入る物は全て揃いました。












THE ORIGIN Ⅲ 決起の篝火 暁の蜂起〈プレミア上映会〉


2016年5月8日(日)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ 決起の篝火 暁の蜂起 プレミア上映会

一般のイベント上映である5月21日よりも2週間近く早い上映会です。

ORIGIN Ⅰプレミア上映会は「日比谷公会堂」
ORIGIN Ⅱプレミア上映会は「豊洲ピット」

今回のORIGIN Ⅲプレミア上映会は「神奈川県民ホール」


開場の1時間半前に到着。
建物ロビー部分にはポツポツとORIGINの客らしき人影がある程度。

カウンターにはプレス受付と当日券受付が併設。






まだ中には入れませんが、奥の方には展示物が見えています。


今回は初めてガンダムファンクラブ専用の枠が設けられています。
どこよりも早い先行販売だけでは無く、特典も多数用意されていました。

『ガンダムファンクラブ枠特典』キービジュアルを使用したピクチャーチケット。


ガンダムファンクラブの特典は以下の3点。

特典① 複製原画のプレゼント。
特典② 一般開場の15分前に入場。
特典③ キービジュアルを使用したピクチャーチケット。

ジオンの旗を持ったスタッフさんが行ったり来たり。


ファンクラブ枠の開場時間が迫り、その説明が始まりました。


『ガンダムファンクラブ枠特典』15分早い入場の先頭で入場。


さっきの旗はここに飾られていました(イベント中はステージ上に)


隣には劇場限定ガンプラなど。




劇場限定は中央の「HG 高機動型ザクII 劇場限定リミテッドクリアVer.」


展示されている複製品の内容を見てみると、入口は右側ですが、展示内容は左から見た方が正解の様な気がします。
展示は大きく分けて3ブロック。


【左:複製設定画 キャラ編】





















































ORIGIN Ⅲ Blu-ray 通常版の複製原画



【中央:複製原画】












ここからが少し面白い展示方法です。

ガルマのラフ


このガルマが・・・


仕上がると、このように。


ガルマと向かい合うシャアの原画はこちら。


そしてシャアのラフ


5枚のフレームを使って作画の流れを見せてくれていました。
































劇場&BVC限定Blu-rayの複製原画



【右:複製設定画 メカ編 & 複製背景画】





















































このように、展示物周辺は非常に混み合っています。
ファンクラブ枠で早くは入れた15分の効果はわずかな物だったので、次回は1時間ほど早い入場をお願い致します。



今回も会場でBlu-ray(劇場&BVC限定版)の予約を受け付けていました。






予約をすると、この会場内にも多数貼られていたポスターがもらえます。



『ガンダムファンクラブ枠特典』複製原画はこちら(何種類あったのかは確認できていません)


プレミア上映では恒例となった、プレミア上映だけの特別なミニ色紙


この「神奈川県民ホール」は3階席まで有り、2階席の全てがガンダムファンクラブ専用シートでした。

そのシートの背もたれに掛けられていた特製クロスがこちら(客席無い撮影禁止のため、ロビーで撮影)
事前発表はありませんでしたが、これも特典として持ち帰れました。









GFT/COCKPIT in

2016年4月23日(土)

ガンダムフロント東京、有料ゾーン内に展示されている実物大ストライクフリーダムの胸像『RG 1/1 ストライクフリーダム Ver.GFT』のコクピットに乗れるサービスが始まりました。


以前は富士フイルムが入り、有料の台紙付き3D写真の撮影サービスとして行っていたストフリです。


《当時》 複数の付加価値が付いて2,700円
①台紙付き、②3D撮影、③天井からの見下ろし撮影、④SEED系衣装の貸し出し

《今回》 無料で以下のサービス。
①自分のカメラでスタッフさんが下から3枚撮影、②コクピット内の撮影OK

自分のカメラで撮れる点は、後にSNSや私的印刷物などへの二次利用も容易となるためありがたいです。
また、以前はコクピット内の撮影不可だったため、今回解禁されているのは非常に大きな付加価値となります。


4月23日は稲城長沼駅で大河原邦男さん参加のガンダム&シャアザク立像除幕式があったため来られず・・・
5月3日が初めての機会となりました。


近くから撮っても全体が入るよう、広角レンズを装備。


このようにGFTスタッフがストフリの下から撮影します。


5月の連休中だったので混雑していました。


混雑時には整理券が渡されます。
同時に撮れるのは3名までで、それ以上は複数回に分けて撮ることになります。


ストフリの背後に居る入口目指して並びます。


GFTオープンは10時で、このサービスは11時から。


撮影しているスタッフさんを横目に見つつ待機。


自分の番になり撮影ですが、聞いていなかったアクシデントと遭遇。

写真は縦でしか撮ってくれないとのこと・・・


スタッフさんの位置からでもストフリの全身が入るレンズなのに、説明しても「決まっていることだから」と。


多くの客を処理しなければならない(かもしれない)サービスではルール作りは必要かと思います。
しかし、写真は元来横長であると思っている私は縦長が嫌いなのです。

どっちみち全身が収まらない事を前提とした縦長撮影かも知れませんが、持参したレンズだと全身の撮影が可能。
その性能を活かしてもらえないのは不満が残ります。


後日(5月8日)に再挑戦しましたが、混雑していなくても縦長の対応。
撮影する「3枚」の内容は・・・







この3枚。
こんな小刻みな3パターンはいらないので、せめて縦、横で撮ってもらいたいところです。
(一応、横長で撮ってもらいたいとの要望はスタッフさんにお伝えしました)


下から撮影していた自分のカメラはスタッフさんがコクピットまで届けてくれます。

コクピット内は明暗が極端で撮影が困難です。












この正面の箱の中に有るカメラは、以前、富士フイルムが3D撮影で使っていた物。
天井の四角い箱が、以前、見下ろしてストフリ全身を撮影してくれたカメラ。


コクピットから見上げたストフリの顔。


左肩は壁に刺さっています。


襟元に潜んでいるハロは、開業当時からの隠れキャラ。


右肩。


コクピットから見下ろした景色。







ストフリから下りたところにはキラのスタンディ。





更に別の日(5月15日)、他のお客さんがほとんど居ない日曜の朝。


なんと、横長での撮影が可能になっていました。
諦めていたので広角レンズは持って来ておらず全身は入り切りませんでした。





連休中は休止していたフォトスポットでの衣装貸し出しが再開していました。


この衣装、以前は有償のストフリ撮影で使用していた物ですが、現在はフォトスポットから持ち出すことは出来ません。




続きを読む

GFT/4度目のキャラ追加〈キャラクターフォトスポット〉

2016年5月3日(火・祝)

ガンダムフロント東京、有料ゾーン内の『キャラクターフォトスポット』に、新規画像が19種追加されました。


追加された19種の一覧は、新たな全キャラリストが作られるのでは無く、A4サイズで追加されていました。




今回、登録・追加された作品は「鉄血のオルフェンズ」「サンダーボルト」「THE ORIGIN Ⅱ」「THE ORIGIN Ⅲ」


キャラクターフォトスポットのメニュー画面。


1ページ目、変化無し。


2ページ目、変化無し。


3ページ目に「THE ORIGIN Ⅲ」が追加されています。


そして新たに4ページ目が増えました。




【鉄血のオルフェンズ】今回最多の11種が登録されました。





三日月・オーガス


オルガ・イツカ


ビスケット・グリフォン


ユージン・セブンスターク


昭弘・アルトランド


ノルバ・シノ


アトラ・ミクスタ


クーデリア・藍那・バーンスタイン


マクギリス・ファリド


ガエリオ・ボードウィン


アイン・ダルトン



【サンダーボルト】新規に2種登録。


イオ・フレミング


ダリル・ローレンツ




【THE ORIGIN Ⅱ】以前2種が登録され、今回新たに1種が追加されされました。


シャア・アズナブル



【THE ORIGIN Ⅲ】今回、Ⅱとは別に5種が登録されました。


シャア・アズナブル


ガルマ・ザビ


リノ・フェルナンデス


セイラ・マス


ゼナ・ミア



以下、今回は追加が無かった作品毎の一覧。


【ガンダム】

アムロ・レイ
シャア・アズナブル
ブライト・ノア
カイ・シデン
ハヤト・コバヤシ
セイラ・マス
ミライ・ヤシマ
フラウ・ボゥ
スレッガー・ロウ
マチルダ・アジャン
ギレン・ザビ
キシリア・ザビ
ドズル・ザビ
ガルマ・ザビ
マ・クベ
ランバ・ラル
ララア・スン


【Zガンダム】

カミーユ・ビダン
カミー・ビダン(軍服)
クワトロ・バジーナ
エマ・シーン
ジェリド・メサ
バスク・オム
ヘンケン・ベッケナー
アストナージ・メドッソ
フォウ・ムラサメ
ハマーン・カーン
パプテマス・シロッコ
レコア・ロンド
アムロ・レイ
ヤザン・ゲーブル
ライラ・ミラ・ライラ
ベルトーチカ・イルマ
ジャミトフ・ハイマン


【ZZガンダム】

ジュドー・アーシタ
ビーチャ・オーレグ
エル・ビアンノ
エルピー・プル
ルー・ルカ
ハマーン・カーン
グレミー・トト
マシュマー・セロ
プルツー
デザート・ロンメル
キャラ・スーン


【逆襲のシャア】

シャア・アズナブル
アムロ・レイ
クエス・パラヤ
ブライト・ノア
チェーン・アギ
ギュネイ・ガス
ハサウェイ・ノア
ナナイ・ミゲル
レズン・ジュナイダー


【F91】

シーブック・アノー
ベラ・ロナ
鉄仮面
ザビーネ・シャル


【Vガンダム】

ウッソ・エヴィン
シャクティ・カリン
マーベット・フィンガーハット
クロノクル・アシャー
カテジナ・ルース
ジュンコ・ジェンコ


【0080】

クリスチーナ・マッケンジー
バーナード・ワイズマン
アルフレッド・イズルハ
ハーディ・シュナイダー
ミハイル・カミンスキー
ガブリエル・ラミレス・ガルシア


【0083】

コウ・ウラキ
チャック・キース
サウス・バニング
ニナ・パープルトン
エギーユ・デラーズ
アナベル・ガトー
シーマ・ガラハウ
ベルナルド・モンシア
アルファ・A・ベイト
チャップ・アデル
ケリィ・レズナー


【第08MS小隊】

シロー・アマダ
アイナ・サハリン
カレン・ジョシュア
テリー・サンダース
エレドア・マシス
ミケル・ニノリッチ
ノリス・パッカード
キキ・ロジータ
ギニアス・サハリン


【MS IGLOO】

オリヴァー・マイ
モニク・キャデラック
ジャン・リュック・デュバル
ヘルベルト・フォン・カスペン
デメジエール・ソンネン


【MS IGLOO 2】

アリーヌ・ネイズン
ハーマン・ヤンデル
死神


【UC】

バナージ・リンクス
ミネバ・ラオ・ザビ
ミネバ・ラオ・ザビ(軍服)
マリーダ・クルス(軍服)
オットー・ミタス
マリーダ・クルス
リディ・マーセナス
リディ・マーセナス(ノーマルスーツ)
フル・フロンタル
アンジェロ・ザウパー
スベロア・ジンネマン


【Gガンダム】

ドモン・カッシュ
レイン・ミカムラ
サイ・サイシー
マスター・アジア
ウォン・ユンファ
アレンビー・ピアズリー
ジュバルツ・ブルーダー
チボデー・クロケット
ジョルジュ・ド・サンド
アルゴ・ガルスキー
キョウジ・カッシュ
ストーカー


【ガンダムW】

ヒイロ・ユイ
デュオ・マックスウェル
トロワ・バートン
カトル・ラバーバ・ウィナー
張五飛
リリーナ・ドーリアン
ゼクス・マーキス
トレーズ・クシュリナーダ
レディ・アン
ルクレツィア・ノイン


【エンドレスワルツ】

ヒイロ・ユイ
デュオ・マックスウェル
トロワ・バートン
カトル・ラバーバ・ウィナー
張五飛
リリーナ・ドーリアン
マリーメイア・クシュリナーダ


【ガンダムX】

ガロード・ラン
ティファ・アディール
ジャミル・ニート
カリス・ノーティラス
オルバ・フロスト&シャギア・フロスト


【∀ガンダム】

ロラン・セアック
ディアナ・ソレル
ソシエ・ハイム
グエン・サード・ラインフォード
リリ・ボルジャーノン
キエル・ハイム
リハー・オード
ギム・ギンガナム
ポゥ・エイジ
コレン・ナンダー
ローラ・ローラ(ロラン・セアック)
メリーベル・ガジット
アグリッパ・メンテナー


【SEED】

キラ・ヤマト
アスラン・ザラ
ラクス・クライン
カガリ・ユラ・アスハ
イザーク・ジュール
ディアッカ・エルスマン
マリュー・ラミアス
フレイ・アルスター
ラウ・ル・クルーゼ
ムウ・ラ・フラガ
ニコル・アマルフィ
ミゲル・アイマン
アンドリュー・バルトフェルド
ミリアリア・ハウ
サイ・アーガイル(軍服) ※私服の画像は3回目の追加時に廃止
ナタル・バジルール
オルガ・サブナック
シャニ・アンドラス
クロト・ブエル
ムルタ・アズラエル


【SEED DESTINY】

シン・アスカ
レイ・ザ・バレル
ルナマリア・ホーク
メイリン・ホーク
ハイネ・ヴェステンフルス
ギルバード・デュランダル
ミーア・キャンベル
アスラン・ザラ
キラ・ヤマト
キラ・ヤマト〈軍服〉
ラクス・クライン
ネオ・ロアノーク
ステラ・ルーシュ
スティング・オークレー
アウル・ニーダ
タリア・グラディス
ロード・ジブリール
ユウナ・ロマ・セイラン


【SEED アストレイ】

ロウ・ギュール
叢雲劾
山吹樹里


【STARGAZER】

セレーネ・マクグリフ
スウェン・カル・バヤン
ソル・リューネ・ランジュ


【ガンダム00】

グラハム・エーカー
パトリック・コーラサワー
ソーマ・ピーリス
アリー・アル・サーシェス
マリナ・イスマイール
ネーナ・トリニティ
リボンズ・アルマーク
沙慈・クロスロード
ミスター・ブシドー
刹那・F・セイエイ(私服)
ロックオン・ストラトス(私服)
アレルヤ・ハプティズム(私服)
ティエリア・アーデ(私服)
スメラギ・李・ノリエガ(私服)
フェルト・グレイス
フェルト・グレイス(私服)
アレハンドロ・コーナー
ビリー・カタギリ
ヨハン・トリニティ
ミハエル・トリニティ
ルイス・ハレヴィ
カティ・マネキン
ミレイナ・ヴァスティ
イアン・ヴァスティ


【ガンダム00 劇場版】

刹那・F・セイエイ
ロックオン・ストラトス
アレルヤ・ハプティズム
ティエリア・アーデ
スメラギ・李・ノリエガ
デカルト・シャーマン


【AGE】

フリット・アスノ
ユリン・ルジェル
グルーデック・エイノア
ラーガン・ドレイス
ウルフ・エニアクル
イワーク・ブライア
アセム・アスノ
ロマリー・ストーン
ゼハート・ガレット
ミレース・アロイ
エミリー・アモンド
ディケ・ガンヘイル
バルガス・ダイソン
ドン・ボヤージ
ギーラ・ゾイ
デシル・ガレット
フリット・アスノ中将
ウルフ・エニアクル
アリーサ・ガンヘイル
オブライト・ローレイン
デシル・ガレット(青年)
キオ・アスノ
ウェンディ・ハーツ
ウットビット・ガンヘイル
フリット・アスノ(退役)
ナトーラ・エイナス
セリック・アビス
フェザール・イゼルカント
フラム・ナラ
アセム・アスノ(キャプテン・アッシュ)


【SDガンダム】

武者頑駄無
武者堀駆主
二代目頑駄無大将軍
ファイナルフォーミュラー
にせガンダム


【SDガンダム外伝】

騎士ガンダム
サタンガンダム
騎士シャア
スペリオルドラゴン
騎士ガンダムGP01


【SDガンダムフォース】

キャプテンガンダム
爆熱丸
翼の騎士ゼロ
シュウト
ハロ長官
リリ姫


【SD三国伝】

劉備ガンダム
関羽ガンダム
張飛ガンダム
孔明リ・ガズィ
曹操ガンダム
孫権ガンダム
呂布トールギス


【模型戦士ガンプラビルダーズ】

イレイ・ハル
ボリス・シャウアー


【武者○伝】

むちゃ丸
バッキー


【ビルドファイターズ】

イオリ・セイ
レイジ
コウサカ・チナ
ユウキ・タツヤ
イオリ・リンコ
ラルさん
ヤサカ・マオ
リカルド・フェリーニ
キララ
メイジン・カワグチ
アイラ・ユルキアイネン
サザキ・ススム
ニルス・ニールセン
ヤジマ・キャロライン


【ビルドファイターズ トライ】

カミキ・セカイ
コウサカ・ユウマ
ホシノ・フミナ
カミキ・ミライ
ラルさん
サザキ・カオルコ
シグレ・マヒル
サノ・ケイコ
メイジン・カワグチ
レディ・カワグチ
スドウ・シュンスケ
サカタ・ヨミ
スガ・アキラ
イシバシ・ダイゴ
シズナ・シモン
キジマ・ウィルフリッド
マツナガ・ケナンショウ
キジマ・シア
カリマ・ケイ
シキ・トシヤ
シキ・ノブヤ
シキ・カズヤ
ルーカス・ネメシス
サカイ・ミナト
コデラ・マサミ
イノセ・ジュンヤ


【Gのレコンギスタ】

ベルリ・ゼナム
アイーダ・スルガン
ノレド・ナグ
ラライヤ・マンディ
マスク
クリム・ニック
マニィ・アンバサダ
バララ・ペオール
キア・ムベッキ
ロックパイ・ゲティ



【THE ORIGIN Ⅰ】

キャスバル・レム・デイクン
アルテイシア・ソム・ダイクン
ジオン・ズム・ダイクン
アストライア・トア・ダイクン
ランバ・ラル
デギン・ソド・ザビ
ギレン・ザビ
ドズル・ザビ
キシリア・ザビ
サスロ・ザビ
クラウレ・ハモン
クランプ
タチ・オハラ
ドノバン・マトグロス
シャア・アズナブル
ガイア
オルテガ
マッシュ


【THE ORIGIN Ⅱ】

エドワウ・マス
セイラ・マス


以上です。



フォトスポットは全部で3台。
その内2台が近距離に並んでいます。

空いているときなど、このように2台使って好きな組み合わせで楽しむ事も出来ます。



キャラクターフォトスポットに登録されている全てのキャラクターリストはこちら。



続きを読む

GFT/ガンダムゲーム30周年展

2016年4月22日(金)

ガンダムゲーム30周年の記念として、ガンダムフロント東京の無料ゾーンで『ガンダムゲーム30周年展』が始まりました。
ガンダムゲームの全てが展示されているわけではありませんが、時系列にガンダムゲームの変遷やハードの移り変わりを知ることが出来る内容になっています。

開催時間:無料ゾーンでの展示なので時間は10時~21時。

また、この開催に合わせGFT内を一部改装してあります。


それぞれの目的に合わせたガイドがカラフルに行われています。


ガンダムゲーム30周年展へ。


オフィシャルショップへ。


有料ゾーンへ。




ガンプラTOKYO入口の「特集コーナー」はRE:0096


以前「特集コーナー」で使われていた展示物を再利用するスペースも。


この再利用スペースの裏が「トイレ」で、有料ゾーン利用者しか使えないようになりました。
以前から、そのような変更が緩く行われていましたが、より確かな物になりました。

これは同フロアの遊戯施設利用者が雑に利用してしまうためであり、GFT利用客の問題ではありません。















有料ゾーンへ。


以前は奥が広々としたミュージアムスペースでしたが、改装後は一部を除き閉じられています。


向かって右側の一部が奥(出口)へと通じる通路です。


撮影した日は改装の真っ最中で完全に閉じられていました。


有料ゾーンから出で、足元のガイドを再び辿ります。

ガイドは2本になり、突き当たりの「STRICT-G」を右折します。


オフィシャルショップが見えてきます。




オフィシャルショップへのラインはレジへと誘導して終わります。


そしてラインは最後の一本に。








以前は「アッセンブル体験」があったスペースを改装したスペースへ(この日は改装中)


アッセンブル体験などは新たに作った「ガンプララボ」で行います。

ガンダムゲーム1本目のホットスクランブルに合わせて、1/10ゼータ象が展示されています。



ここからは『ガンダムゲーム30周年展』が始まってからの内容です。

有料ゾーンの出口を抜けると・・・


『ガンダムゲーム30周年展』があります。


もちろん、足元のガイドを辿ってショップ側からでも行けるので入場は無料です。




ここからは、展示順に写真だけを続けていきます。

入口から見た様子。




向かって右側は順路的に最後なので、また後で。



向かって左側から見ていきます。





















見上げた先には映像作品に織り交ぜてゲーム機推移の年表が有り、その真下では代表的なゲームのデモ画面。













デモ画面の下には、上の年表に沿ったガンダムゲーム年表。



























ガンダムゲーム年表の下には、実際のゲーム機とゲームソフトのパッケージが並んでいます。



















































展示の折り返し(入口の間反対側)























ゲームのパッケージやポスターに使ったイラスト。



























直近のガンダムゲームのポスター。







ガンダムゲームのポスターの向かい側には、ゲームとからめた他分野への展開が展示。


この先の展示も含め、どことなく中途半端な展示内容に思えますが、これは以前にもGFTミュージアムスペースで開催した「ゲーム展」の内容を大幅に流用したからかと思われます。

以前の展示では過去を全て振り返るような趣旨では無く、大枠をさらった内容になっていたので、今回の様に「30周年展」と銘打った内容に流用したときに資料不足な印象を受けてしまうのでは無いか・・・と感じました。

















































































以上です。




GUNDAM Cafe/ガンダムファンクラブ会員限定メニュー第2段

主な内容。
★プチッガイのアイスボール、提供開始
★ガンダムファンクラブ会員専用裏メニュー第2段、提供開始
★桜ハロラテ


今回の店舗:秋葉原店・東京駅店・台場店


2016年3月19日(土)
本日から新しいメニューがふたつ始まります(開店前に並んでいたのは3名)


『プチッガイのアイスボール』
『ガンダムファンクラブ会員専用裏メニュー第2段』
この、何の繋がりも無い2つのメニューが同日開始です。

会員・専用・裏メニューと、要素が3つ連続していますが、どれかひとつで良いような気がします。
 ファンクラブ会員メニュー
 ファンクラブ限定メニュー
 ファンクラブ裏メニュー

ファンクラブ限定メニューが一番シックリくるので、私はそのように呼びたいと思います。


入口には、入店待ち列に向けておいているメニューボード。





Gガンメニューが終わったので、店内の展示物はいつも通りの安彦さんの複製原画に戻っています。





Gガンメニューが終わって以降、奥の展示スペースはGガン要素を減らした内容に変わっています。



テーブルには、新メニューはどちらも置かれていません。


新メニューの詳細が分からないので、とりあえずカウンターへ。

珍しく連邦の制服を着ていたので理由を尋ねると「大阪店には負けていられないので」と。
良い影響ですね。


ファンクラブ限定メニューは、事前には「ドリンク込み」とされていましたが、ドリンクは別料金になり、かなり複雑な注文方法になっていました。



《ガンダムファンクラブ限定メニュー ドリンクのルール》
①ドリンクのみ注文は出来ません。
②アルコールメニューは17時を過ぎてから。
③専用フード1点につき専用ドリンク1杯が注文可能(2杯目は不可)
④FC会員が同席していれば専用フード1点で会員数分のドリンクが注文可能。ただし1度の会計で他のFC会員も会員確認画面を提示すること。
⑤ドリンクは2種の専用のグラスで提供、但しグラスは選べない。

これらメニューには書かれておらず店員さんからの聞き取りでまとめました。
実に複雑です。


事前に無かった事が多すぎて判断が出来ず、一旦保留。


では『プチッガイのアイスボール』を・・・と思ったら、これに合わせてママッガイのフェイスマグが発売されると。


ならば親子のマグを並べたいところですが、まだ入荷しておらず棚は開けられた状態で入荷時間も未定・・・


もう開業してから6年なんだから、発売日の朝に入荷してないとか止めてくださいませ。


さて、困りました・・・

こんな状況ではどちらも注文が出来ません。



ファンクラブ限定メニューは、17時以降の『ファンクラブ限定カクテル』を諦めて注文をする事に・・・


すると、物販側の店員さんから「入荷しました!」との一報(開店から50分後)





『プチッガイのアイスボール(プチッガイ フェイスマグミニ付き)』1,598円(税込)


フェイスマグミニの中に透明なカップが入っており、直接汚れないようになっています。


カウンターのメニュー表に書かれているような注ぎ方をしたら、カップごと落ちてしまい大変な事になりかねません。


カップを取り出して、綿菓子に注いで解かします。


ヨーグルトの酸味とアイスの甘さがバランス良く溶け合わさったスープ系のデザートになります。



『プチッガイのアイスボール』に付いてくるプチッガイ。




昨年のガンダム展コラボフェアで使用されていたプチフェイスマグよりは大きいサイズです。


こちらが『フェイスマグ ママッガイ』1,233円(税込)







ママッガイフェイスマグと一緒に。










ママッガイにはプチッガイが、プチッガイにはリボンが、それぞれが背負った物のデザインがされています。













プチッガイは箱が別にもらえるので、自分で収納して持ち帰れます。




次は、ガンダムファンクラブ会員専用裏メニュー第2段。

『ジーク・ジオン 〜ジオンの宴〜 ファンクラブ限定Ver』3,024円(税込)


2012年の「めざせ総帥!スクラッチキャンペーン」で提供されていたメニューがファンクラブ内での投票で復活した物です。

当時は、この総帥カードを持っているモノしか注文出来ない特別なメニューでした。


元となった過去の総帥専用メニュー(税抜:2,800円)はこちら。


こちらが今回の内容。
今回は税込価格3,024円ですが、税抜だと2,800円なので価格は総帥専用メニューと同じ。


ドリンクは別料金ですが、上記したルールで注文すると専用グラスで提供されます。


このグラスは2種あり、選ぶことは出来ません。






これは2012年の「めざせ総帥!スクラッチキャンペーン」に使用されたグラスでは有りません。

2010年の開業と同時に始まった少佐・大佐カードの所有者が使用出来たグラスです。


当時、頑張って総帥に上り詰めた人が残念な気持ちにならないよう、総帥グラスは総帥にしか仕えないという配慮かと思います。

トルティーヤには大量のカレーパウダーが乗っているのでフォークなどで弾いて飛び散らせたり、誤飲してむせかえらないように要注意です。


軽くあぶってある程度の厚切りベーコンと・・・




その下にはカットステーキが隠れています。


軽く塩コショウで味付けされていますが、部分的にステーキソースの様な物も掛かっていました。


スモークされた鴨肉は柔らかく、しっかりした味。


ソーセージは1本を半分にカットした物で、やや少な目ですが、その下には・・・


ここにも厚切りのベーコンが潜んでいます。


ガーリックトーストは、いつものパンを使用。


フライドポテト。


骨付きチキン2本。


総帥メニューよりも量が多く内容が充実したサラダ。


こちらが総帥メニューの時のフォンデュに値するポジションのデザート。


まずは取り出します。




中を覗き込んでみると白い平面が見えるので、牛乳プリンと思っていましたが、バニラアイスが溶けた物でした・・・


デザートなので、当然最後に食べます。
しかも紙ナプキンで包み、器に入れた状態なので中身が分かりません。
メニュー表なども無くデザートにアイスが使われている事も分かりません。

このままでは注文した人の多くが、溶けたアイスを食べることになるでしょう。
デザートを後から提供するのか、アイスを使用していることをお伝えする必要があると思います。


そもそもの「この甘い汁はもしかしてアイスですか?」との問いかけから、店員さんも問題点に気付いてくれたようです。

デザートだけを作り直してくれました。


普段は「ミスもメニューのうち」と思い、作り直しはお断りしています。
ですが、今回は2度目がいつになるか分からない高額メニューなので、撮影のために作り直しのご提案を受け取りました。

内容を素人目に比較してみましたが、同じ価格でこれ程の内容量アップは驚異的です。




東京駅店へ。


こちらにも『フェイスマグ ママッガイ』入荷しています。




フェイスマグミニをマイカップとして使ってみましたが、当然、1杯分が入りきらず余った分は紙コップへ。


試しては見ましたが、そもそもエコを目的としたマイカップ制で紙コップを使ってしまったのでは意味がありません。



台場へ行くと、台場店前でアイドルのフリーライブがあるようで、こんな事に。


ガンダム前の桜は、やっとつぼみが開いた程度。








入口のメニュー看板には・・・


3月1日から始まった『桜ハロラテ』464円(税込)


店内にも・・・


桜ハロラテ。


レジ前のポールにも・・・


桜ハロラテ。


レジカウンターにも桜ハロラテ。


『桜ハロラテ』464円(税込)と、ポイントカードの価格調整用に『ガンプラ焼きの箱』40円(税込)


この『ガンプラ焼きの箱』台場店では完売して販売終了。
秋葉原店でも無くなり次第終了です。

桜のシロップを使用してはいますが、色に影響するほどではありません。


桜を見ながら『桜ハロラテ』を飲むのが、毎年の恒例行事です。

続きを読む

GUNDAM Cafe/愛の成就作戦、終了


主な内容。
★ニュータイプ専用コースメニューの到達者7人目
★ミニデザートのモノアイが変
★ガンプラ焼き包み紙のおみくじをコンプリート
★東京駅店のニュータイプ3人目


今回の店舗:秋葉原店・東京駅店


2016年3月12日(土)
『愛の成就作戦』前半戦でもらったミニデザート券が14日までだったので、使いに来ました。


ニュータイプ専用コースメニューの到達者がまた増えています。


現在7名。


入口横には展示ケースが登場していました。




ネクスエッジの発売舞う商品が展示されています。


各テーブルには「WONDER!スクール」の写真コンテストチラシがラミネートされて置かれていました。


『ガンダムメニューを写真に撮ろう!コンテスト』
応募数が極端に少ないそうです。

まぁ、分からないでも有りません。
対象年齢は18歳まで。
子供が気軽に食べられる価格では無い昨今のガンダムカフェで、子供を対象としていれば、応募数が少なくても当然のこと。


目的の『ミニデザート』ですが・・・モノアイが落ちています。
他のお客さんも同様の状態を何度か目にしましたが、仕様変更でもあったのでしょうか。


初日に見たように、モノアイを押し込んでコーヒーと一緒に撮影。


もうひとつの目的はガンプラ焼き。




3月限定の『ガンプラ焼き クリームチーズ&ピーチ』230円(税込)




ボタンも当然、3月限定。


保温ケースの中に


出撃待ちのチーズクリーム&ピーチ。


食券を渡して。


ガンプラ焼き、受領。


店内で取り皿を借りてコーヒーと一緒に。


甘さ控え目に濃厚クリームチーズに、優しい甘さのピーチソース(果肉入り)が相性良く、甘さよりもチーズ感を強く感じる品でした。


東京駅店へ。


通称イケメンラテも『愛の成就作戦』も、ホワイトデーと共に終わります。


東京駅名物の手作りPOP。


ポテト270円にオレンジジュース270円を組み合わせマイカップ割り(30円)で合計510円にするキリの良い組み合わせ。




2016年3月13日(日)
予定外に秋葉原店(ミニデザート、今日にすれば良かった)


ガンプラ焼きをたくさん買いました。


ガンプラ焼きの包みは、数年前から全6種の「おみくじ」が付いており、それを今更のようにコンプリートです。


そもそも、この包み紙はコレクション対象ではありませんでしたが、昔はあったいろんな物が無くなっているカフェの状況を考えると、そろそろ集めても良いかなと思うようになりました。

食べきれないガンプラ焼きは別売りの専用箱(40円)を購入し、それに入れました。


〈注意〉
ガンプラ焼きを箱に入れてもらうと包み紙は付いてきません。
包み紙が欲しい場合は箱だけを受け取り、自分で組み立てて、個別に受け取ったガンプラ焼きを自分で箱に入れましょう。

















2016年3月14日(月)
予定外に時間が空いたので東京駅店へ。


ニュータイプ覚醒者が3人目。




『愛の成就作戦』最終日なので『シャイニング・フィンガーバーガー ~マシュマロ&ミックスべりー~』の食べ納めをしておきました。


ナイフとフォークは不要だと思いますが、初日から最終日まで付けてくれていたようです。




GUNDAM Cafe/東京駅店の3周年メニュー 第3弾


主な内容。
★東京駅店3周年記念メニュー第3弾


今回の店舗:東京駅店


2016年3月1日(火)
東京駅店が昨年12月26日から3ヶ月連続で3周年記念「Thank you 3th Anniversary!キャンペーン」メニューを提供し、最後となる第3弾が始まりました。


★第1段の内容はこちら。
★第2段の内容はこちら。


通路に置かれた立て看板には・・・


第3段のメニュー。


店頭のショーケースには・・・




第3段メニューが、食品サンプルでは無く実物が置かれています。


店内には・・・


テーブル席にもそれぞれ、第3弾のメニュー表。


Gガンダムメニューとデザインが似ているので一瞬、同じ物かと思ってしまいます。



さて、カウンターへ。


レジ前のカバーにも第3弾メニュー表。


今まで1フード、1ドリンクでしたが、最後にフードが2種に増えました。
その代わりドリンクがメニュー表に収まらなくなって収録されていない珍事に。



東京駅店独自のスタンプカードも継続中。
第2段の枠にもスタンプが押されているのは、第2段で残ったカードを有効利用するためですね。



今回、2品で丁度ポイントスタンプ3個になるキリの良い金額です。


『トリプルソースのシュリンプドッグ』810円(税込)
ドリンクセットは1,134円(税込)


バジルソースは量産型ザクイメージ


オーロラソースはシャアザクをイメージ


タルタルソースはガンダムをイメージ


両軍のマークはいつものような生野菜ではなく、ピクルスになっていて口直しに最適。


サイズ的には小腹が十分に埋まる大きさで、海老のプリプリ食感と、シッカリ噛み応えのあるパンが満足度を高くしてくれています。



『サイドスリーバスケット』734円(税込)
ドリンクセットは1,085円(税込)で、旗はもちろん持ち帰れます。


チキンは連邦が胸肉。


ジオンが腿肉と区別され、ポテトと合わせてサイドメニュー3種で「サイドスリー」とのネーミングです。


3月末日まで提供されている、東京駅店だけのメニューです。


フィーバー機動戦士ガンダム ラストシューティング 試打会

2016年2月28日(日)
『フィーバー 機動戦士ガンダム LAST SHOOTING 先行試打会』がベルサールで開催されました。


賭け事は全く受け付けないのですが、ガンダムの名が付けば行かないワケには行きません。


12時に始まるイベントですが、準備風景から見るために11時前に到着。


20人程度でしょうか、既に入場待ちの列が出来ています。


本日のスケジュール。



ガンダム落語「らすとしゅーてぃんぐ」公演、これも目的のひとつ。
(配布は入場開始後の場内)





試打用のパチンコが目立つ位置に並んでいます。







今回の目当ては、全高6mのラストシューティング立像。


視点① とりあえず撮影
ビームライフルの先端は天井に接続しています。








背後には「戦場の絆」のポッドが並んでいます。



視点② Bパーツに対して正面









視点③ Aパーツに対して正面









視点④ 左側









視点⑤ 右側











12時になり開場。

イベントが行われるステージ(イベント中は撮影禁止)


「戦場の絆」ポッドの頭上には、このパチンコのイメージイラスト。





立像前にはお姉さんが。



















視点⑥ 背後









視点⑦ 近くから見上げて

























視点⑧ ローアングル













ガンダム前のお姉さんを取り囲む人だかりが凄いことに・・・


また別のお姉さんへ変わっていました。







ここで一旦『ガンダム落語「らすとしゅーてぃんぐ」公演』へ。


浅草のような雰囲気です。


もちろん撮影など禁止。


終了後に撮影。


落語をまともに聞いたのは初めてでしたが、楽しい内容でした。





場内へ戻ります。



またまた、ガンダム前のお姉さんが変わっています。


今回は、趣旨を分かってる感じのする親近感の持てるお姉さん方です。











16時にはイベント終了。


撤収作業を見ようと思い待っていると、イベントステージに立たれていたぬまっちさん、ラジバンダリ西井さんがコスチュームのままいらっしゃいました。

何かの用事があり、衣装のまま出てこられたそうなのですが、ぬまっちさんから「よっくん写真撮りましょ」と声を掛けて頂き、三人での撮影となりました。


ラジバンダリ西井さん、名古屋でのガンダム生誕30周年祭のステージや、そのDVDで何度もガンダム芸を拝見していたので、いつかお目に掛かりたい方でした。

そんなラジバンダリ西井さんに私を紹介して頂いたぬまっちさんに感謝です。
いつもありがとうございます。


ガンダム像は解体が始まりそうです。


周りのパチンコ台が撤去され、やっと爪先まで一望できました。


作業員2名で解体のようです。


天井との接続を外すため、まず右手から。






段ボールの箱でも持っているかのように軽々と取り外しています。


















時々、バリッと音が聞こえそうなぐらい強引にもぎ取っており、解体と言うよりも破壊です。






断面が見えますが、なんと、発泡スチロール製でした。









このガンダムは今回限りの物で、終了後は破棄するそうです。
だから、解体というには乱暴な取り外しをしていたわけですね。


関係者っぽい人、解体したビームライフルを何度も持ち上げ、そっと・・・そっと、端っこに移動させていたけど、持ち帰りたかったのかな。
あの人、無事にビームライフルをお持ち帰り出来たんだろうか。


続きを読む

GUNDAM Cafe/アレルヤとロックオン誕生日の翌日



主な内容。
★アレルヤの誕生日に・・・
★ロックオンの誕生日に・・・
★4組目・5組目のニュータイプ専用コース


今回の店舗:東京駅店・秋葉原店・台場店


2016年2月28日(日)
開店時間前から東京駅店へ。


配膳のカウンターには・・・


ナイトガンダム カードダスクエストの見本が展示されるようになりました。


1ポイント付けるために、オレンジジュースとポテト。



正面のお会計カウンターには・・・


27日のアレルヤ誕生日にファンが贈った花が置かれていました。


キャラ宛に贈り物をする行為、私は良いこととは思っていません。
ファンが勝手に置いているワケでは無く、無自覚なカフェ側にも問題はあると思っています。


この日は12時から秋葉原で『フィーバー機動戦士ガンダム ラストシューティング 試打会』があるので、用事を済ませて秋葉原へ。


イベント終了後、秋葉原店へ並びます。


旧喫煙席側の展示スペース。


先日、ニュータイプ専用コースを楽しんでいた知人が貼り出されていました。


あと4名は貼れそうですね。


秋葉原店にも東京駅店と同じ方からの花が飾られています。
(複数で費用を出し合った様なので「方々」が正解)


この方々は大阪を含めた全店舗に花を贈っているようです。
その主な目的は「カフェ公式Twitterにアップしてもらう事」
自分の好きなキャラの誕生日を不純な動機で歪めてしまってどうするんだ・・・


パチンコのイベントで寒い思いをしたので『ハロチョコラテ』で暖まります。


季節に合わせて登場するいつものドリンクだったので、今期はまだ飲んでいませんでした。
ジャブローコーヒーを使用した甘さの奥に苦さが隠れたラテです。


こちら、パチンコイベントに出られていたラジバンダリ西井さんから頂いたサイン。


カフェで並んでいたら、通りすがりのぬまっちさんと遭遇。
その時、一緒にいらしたラジバンダリ西井さんからサインを頂きました。

ラジバンダリ西井さん
ギレンのモノマネがそっくりな本物のガンダム好き芸人さんで、2009年のガンダム生誕祭にも出演されていました。



帰りに、もう一度東京駅店へ。


アレルヤに贈られた花への公式ツイで「ここに25種類ものキャラクターラテがある」と知った女性が大挙して押し寄せていました(とは、その場に居たお客さんの見解)





頂いた以上、お礼をしないわけには行きませんが、それを告知に役立てるとは、さすが東京駅店です。


そして小さな発見。


東京駅店3周年メニュー第2段の写真にタルタルソースを忘れていたようで、後から貼り重ねていました。




2016年2月28日(月)
冬のイルミネーションが終わり、少し寂しくなった実物大ガンダム。


アレルヤに贈られた花がどうなっているか台場にも確認しに来ました。


花は2日間飾った後、早々に奥へ下げたようです。

他店では終わってしまっている人形焼きのバラ売り。
他店ではお皿で提供されますが台場店はテイクアウト専門なのでカップに入れて提供。




2016年3月6日(日)
この日は吉本プラモデル部のライブがあるので、その前に秋葉原店へ。


入口におかれたメニュー表は先日までのスタンド式からコルクボードを使った掲示へと変更。


入口に置かれていたバレンタインのメッセージカードは場所移動していました。


店内・・・


またコースメニューに辿り着いたニュータイプ覚醒者が増え、この時点で5人。
増えるペースが速くなってきました。


先日のアレルヤに次いで、花が増えています。


カフェが用意したロックオンのカード。


3月3日のロックオン誕生日に贈られた物の様です。


これまでと違い、公式Twitterでのお礼は伝えられませんでした。
これがどう言う意味なのか、4月の刹那の誕生日を待ちたいと思います。


合計額が1,004円になりポイントが2個押せるキリの良い組み合わせ。


外では雨が降り始めた様で、カフェから大型の傘が貸し出されていました。


昔はよく見かけていたカフェのロゴ入り傘ですが、これが使われているのを久しぶりに見かけました。


東京駅店へ。


鉄血のオルフェンズ最終回直前イベントのチケットが夕方からあるので、ノートを持ち込んで確保に当たります。

続きを読む

GUNDAM Cafe/4組目のニュータイプ専用コース


主な内容。
★クレーンゲームの撮影
★4組目のニュータイプ専用コース


今回の店舗:秋葉原店


2016年2月26日(金)
前日に開始されたばかりのクレーンゲーム景品『機動戦士ガンダムシリーズ DXFフィギュア~セシア・アウェア~』を確保。


秋葉原店へ。


おや、店員さんがこの制服を着ていると言う事は・・・


店内でニュータイプ専用コースをご利用の覚醒者がいました。
知った顔でしたが、邪魔してはいけないので撮影は控えます。

こちらが後日、貼り出された4人目のコース料理まで辿り着いたニュータイプ。


他店ではニュータイプカードを覚醒した時点で撮影するのですが、秋葉原店だけはコース料理まで終わらせて初めて撮影がされます。

なんとなく「あぁ、きっとそう言う事なんだろな」と思うことがありますが自粛・・・


確保したセシアを秋葉原店に持って来たのは「ときた洸一先生直筆のセシア」と並べて撮るためです。。


コーヒーを飲みつつ「セシア」を開封。


ガンダムカフェにセシアさんご来店。




帽子はかぶせてあるだけなので脱着可能。




ハロカウンターで撮影(一応、店員さんにことわりは入れています)





『機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー 第1巻』
漫画:たいち庸先生 シナリオ:千葉智宏先生
メロンブックス限定の購入特典付きを購入。


礒部一真先生『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第1巻』
同じく、メロンブックス限定の購入特典付きを購入。





GUNDAM Cafe/特別企画『愛の成就作戦』後半メニュー全店初日制覇

主な内容。
★全店舗の後半メニュー


今回の店舗:秋葉原店・東京駅店・台場店


2016年2月24日(水)

2月5日より始まった、バレンタインデー&ホワイトデー特別企画『愛の成就作戦』は本日より後半メニューが追加されます。
(※今回はスポットで差し込まれる企画メニューでありフェアではありません)

秋葉原店へ到着したのは、開店の3分前。


開店時間を過ぎてもシャッターが・・・


と思っていたら開きました。

店内の展示物などには一切、変化無し。


メニュー表も同じく変化無し。


先日(22日)にお客さんから贈られた東方不敗の誕生日祝いも無くなっていました。



今回も、全てのフードがドリンクとセットになっています(全店舗共通)


フェアのジュース等とは違い全てカフェイン系で楽しみの少ない無い様なので、ドリンクは1杯あれば十分なので、必ずドリンクが付いてくるメニュー展開は今回限りにして頂きたいと切に願います。何で毎回「勘弁してくれ」と思うような事態になるんだろうか。
『キング・オブ・ハートのホワイトカレー ドリンク付セット』1,296円(税込)


前半メニューの「キング・オブ・ハートのビーフシチュー」と基本的には同じデザイン。


ガンダムカレーで使われているスパイシーなホワイトカレーにチョコソースが掛けられ“しょっぱい”と“甘い”のコントラストが良い意味で強烈です。


ライスの上の黄色いハートはパルメザンチーズ。


カレーらしく福神漬が添えられています。



『ドモンの贈り物 ドリンク付セット』1,080円(税込)


チョコソースを書けとトーストにマシュマロが敷き詰められています。
焦げたマシュマロが、かすかにシナモンのような香りをさせていました。


使用されているトーストが薄いので、冷めるとナイフで切りづらいぐらい硬くなってたしまうので、早めにお召し上がりを。



ポイントカードのキリが良い様に、200円のガーリックトーストで合計額の調整。


後半メニューでもらえるドモンコースターと、前半メニューのレインコースターを合わせ、石破ラブラブ天鷲拳が完成しました。



2月14日までの期間、前半メニュー注文でもらえていた引換券を使用します。
使用条件は「イートインで税込378円以上の注文」をする事。


引換券でもらえたのが、このミニデザート。


サービスでもらえるデザートだから、アイスとフレークを合わせた程度だと思っていたら、随分と立派なデザートが出てきて驚きました。
250円くらいで杯倍できるんじゃ無いでしょうか。

ただ、Gガンダムをテーマにしているのに、なぜにアッガイだったのかが不思議です。


アッガイの手はマシュマロを半分にカットした物で、本体はお土産として販売しているシフォンケーキでした。


コレを使えば材料費も抑えて立派な物が作れますね。素晴らしいアイデアです。



カフェ入口にあるチラシラックには・・・


東京駅店から若干遅れて『WONDER!スクール』のチラシが置かれるようになっていました。
(詳しくはこちらに書いています)


他に、秋葉原のガイドマップのような物も有りました。


ガンダムカフェが大きく載っています。



ショップ側を見に行ったら・・・


いつから居たのか・・・鉄血キャラがこじんまりと貼られていました。



では東京駅店へ。


こちらもドリンクは必ずセットになってしまいます、
前半メニュー同様にナイフ&フォークを付けられますが、今回は使わなくても問題無く食べられました。


『シャイニング・フィンガーバーガー ~マシュマロ&ミックスべりー~』756円(税込)


下のバンズに塗られた白いソースはマシュマロソース。


上のバンズがハート型にくり抜かれて反転しています。




ふたつ並べたコースターには、ハートのバンズが良く似合います。


こちらでも、ポイントを効率良く集めるために価格調整としてポテト。



台場店へ。


入口には、ハロまんの登りが復活していました。


メニュー看板にも・・・


ハロまんが復活。


自動ドアの並びにもパロまんのPOP。


入口に置かれているガラス製のショーケース。


ぐい呑みの飾りとして「作」が飾られていました。
ガンダムカフェで売ってくれれば良いのに。


台場店でも当然、人形焼きは新パッケージに変わっています。


店内、こんなところにも『愛の成就作戦』メニューが貼られていました、


春節メニューとの二枚看板ですね。


後半メニューが始まっても、貼られている物にはほとんど変化無し。


外国人にも分かり易い様、前半メニュー期間には「COMING SOON」と貼られていた封印が無くなっています。


では、注文カウンターへ。


ハロまんは蒸されている最中でした。


台場店でもドリンクは必ずセットになります。
台場店は紅茶がメニューに無いので、代わりにオレンジジュースが選べます。


『ガンプラ焼DX ドモンスペシャル ~マシュマロ&バナナ~』594円(税込)


中に使われている物は東京駅店とほぼ同じですが、スライスアーモンドが載せられているのは台場店オリジナルです。




前半メニューはこちらにまとめています。
 秋葉原店
 東京駅店
 台場店






GUNDAM Cafe/東京駅店の人形焼きバラ売りは味が2種

主な内容。
★東方不敗ファンから誕生日を祝う贈り物が
★東京駅店の人形焼きバラ売りは味が2種


今回の店舗:秋葉原店・東京駅店


2016年2月22日(月)
秋葉原店へ。


ジャブローコーヒー(マイカップ割引)と人形焼き。
ポイントカードにスタンプ押すには合計額が564円と、ちょうど良い組み合わせなのです。


中身は箱売りは無くなった“黒ゴマあん”で、ややシャリという食感が特徴です。


空いてる店内を眺めながら落ち着いた一時。


旧喫煙席側にお客さんからの贈り物が・・・


東方不敗の誕生日と言う事で、キャラのファンから。






パンケーキ生地で絵を描く最近流行のアレですね。


2月27日にはアレルヤの誕生日があります。
アレルヤのファンが何かをしようとしている様で、それをカフェがどのように扱うのかも気になっています。


東京駅店へ。


『WONDER!スクール』のチラシはカウンターのラックへ収められていました。


先日は入荷した直後に受け取ったので、どこに収まったのかを見ていませんでした。


『ホットストロベリーチョコラテ』はNo.06のゼクスを選択


東京駅店でも『人形焼き』のバラ売りが始まっていました。


秋葉原店と違い、連邦のこしあんか、ジオンの黒ゴマあんかを選べたので、各2個ずつにして貰いました。


激甘の『ホットストロベリーチョコラテ』を飲みつつ、甘い『人形焼き』を食べていましたが、甘さは人形焼きの勝利でした。




リヒトラブ スナッチファイル A4S 2穴 藍 10冊入 F527-9_10

主な内容。
★ハロまん復活
★人形焼き4度目の仕様変更
★秋葉原店 ガンプラ焼きチョコバナナ味
★東京駅店のニュータイプ覚醒者スタンドが変更


今回の店舗:秋葉原店・東京駅店


2016年2月20日(土)
何の気なしに秋葉原店へ。


とんでもない物を見かけてしまいました。


ガンダムカフェ名物の『モビルスイーツ 人形焼き』のパッケージが仕様変更しているのです。


昨日までは前デザインのパッケージを販売していて、本日から新パッケージです。
『〜秋葉原名物〜 モビルスィーツ 人形焼き』各918円(税込)


新旧の併売は出来ないため、もう旧デザインの物を手に入れることは出来ません。
また告知無しの変更です。
心の中で「もっと前から言えよ、事前告知したらそれだけで終了するデザインを買い求める人だって居るだろうに、何のためにTwitterやってんだよ。この商売下手め」と思いましたが、決して口には出しません。
(過去2度のパッケージ変更も事前告知が無かったため、捉え切れていません)

以前は白あんだった『連邦Ver』は“こしあん”に変わっています。


『ジオンVer』は新たに加わった“抹茶あん”で、よりジオンらしくなっています。


しかし、秋葉原店では買いません。
他店舗ならイートインとも合算できるので、無駄なくポイントが付けられますが秋葉原店で購入すると合計1,836円と中途半端でポイントが3個しか付か無いので、東京駅店でコーヒーと一緒に買ってボイント4個付けてもらいます。

店内のカウンターには『人形焼き(お試し)』216円(税込)
箱売りで手を出しにくい人形焼きをイートインでバラ売り提供しています。


旧デザインの箱が置かれているように、店頭に並ばなくなった旧パッケージの中身はイートインで消費されていきます。



では、いつもの席で。


人形焼きはジャブローコーヒーと良く合います。




使われている皿は以前、カフェで販売されていたハロプレート。



店内の展示スペース、一部がひっそりと変更されていました。


AGE-FXが追加されていますが、次のフェアはオールガンダム的な物でしょうか。
私は、次のフェアはガンダムWだと思っているのですが。



では、ガンプラ焼きへ・・・と思ったら、まだ11時半になっていないので販売始まっていませんでした。


30分程して出直してきました。


2月限定の『ガンプラ焼き チョコバナナ味』230円(税込)が目的です。


当たり前のように『ハロまん』のボタンも点灯しています。


前日まで取扱停止していた『ハロまん』が復活していました。


ガンプラは作り置きがたくさんスタンバイしています。
きっとこれだけの数量が土曜の正午の販売予想数なのかと思います。


ちなみに、ガンプラ焼きを開発した方は昔、このような御指導をされていました。
「作り置きは少なく」「出来るだけ焼きたてを食べて頂くように」「冷めた物は提供しないように」と。
冷めてきた物は破棄して焼きたてと交換するように・・・と。

こちらが、いわゆる普通のガンプラ焼き。


チョコバナナ味は生地にココアが練り込まれており、台場店で提供されている同名の商品とは差別化がされています。


購入。


周辺のバリを切り落とさない“羽根付き”でお願いしていたので、通常の物よりも表面積が大きくなっています。


小皿を借りて店内で・・・




もちろん生地の断面もシットリとチョコ色です。


中にはチョコと一緒に、ペースト状になったバナナが入っています。



そして東京駅店へ。


ここでも『ハロまん』は復活しているようです。


店内にも『ハロまん』のPOP


ハロまん専用の袋も健在です。
(他店舗では袋に入った状態で渡されるので、未使用の袋が手に入るのは東京駅店だけ)


『ホットストロベリーチョコラテ』はNo.05のヒイロ・ユイを選択





新パッケージの『人形焼き』は2種とも東京駅店で購入。


連邦Verのパッケージ




ジオンVerのパッケージ




新旧並べて見ました。


これで合計額は2,500円を超えたので、効率良くポイントのスタンプが5個押せました。

バンダイとYahoo!が展開している無料のインターネット上のがっこう『WONDER!スクール』のチラシ配布してました。


ガンダムカフェのメニューをお家で作ろう的なネット上の“がっこう”が主催してるフォトコンテストのお知らせです。


カフェメニューを撮るだけでも応募できちゃうお手軽コンテストの様です(自作でも応募可)



店内には変化がもうひとつ。


東京駅店でニュータイプカードを覚醒(終了)させた者の写真が増え、秋葉原店と共通の物に変わっていました。


以前の物も手作りで気持ちのこもった力作だったので好きだったのですが、アレでは人数が増えると対応しきれなくなってしまうので仕方有りませんね。


こちらが以前の手作りスタンド。






GUNDAM Cafe/ククルス・ドアンの島 季節の野菜バーニャカウダ登場

主な内容。
★ククルス・ドアンの島 季節の野菜バーニャカウダ登場
★ランチメニューの変遷
★2月限定ガンプラ焼き


今回の店舗:秋葉原店


2016年2月16日(火)
前日の日中、公式Twitterより新しいメニューの告知が有ったので仕事帰りに秋葉原店へ。


店内は空いており、入店待ちも時間制限もありません。

今回の新メニューは定番メニューに追加される普通の品です。


ここ暫く、ディナータイムでもランチのメニューで対応しているので、今回の新メニューもランチのメニュー表でしか確認できません。


観音開きになっている、この右側の黄色いページに追加されています。


この部分・・・A4サイズの下半分が丸ごと新しく貼り替えてあります。


厚手のタック紙ですが、プリンターではなくオフセット印刷がされた手間の掛かった物です。



★ ここで、現在のランチメニュー表について振り返ってみます ★

☆2014年10月29日
全体のメニュー改定に伴いジャブローデザインの物に変わり、これが《Ver.1》とします。


今回、大きな変更があった面は下半分が白背景のデザインで、フードが3品掲載されていましたが後に変更されます


デザートの面には低価格なアイスも多くに、ぎやかな内容。



☆2015年9月14日
『DesertZAKU』が追加された数日後、デザート面が更新され「追憶のマチルダ」「ガンダムの証」その他ガンダムアイス等の低価格なデザートが無くなり《Ver.1.5》へ。



☆2015年12月中旬(手元の記録では12月16〜20日のどこか)
デザート以外のページにも変更が加わり、下半分が白かったページは全体がオレンジとなり《Ver.2》へ。



☆2016年2月16日
今回、背景は色はオレンジのまま半分がタック紙により貼り替えられ《Ver.2.5》となりました。




さて・・・

告白カードは2月14日で締め切られ、残りの期間も貼り続けられるカードの数が確定しました。


縁を上手く使い、なんとかボード1枚に納められています。


私が最終日に書いたレインは角に。


では、本日追加されたメニューへ。


『ククルス・ドアンの島 季節の野菜バーニャカウダ』950円(税込)


思わせぶりに並べられた生大根とニンジン(ボイル済み)に意味はありません。


顔を覗かせているのは、先日発売されたばかりの「ザクヘッドマグカップ」
こちらは全店舗で販売中で、このメニュー自体がヘッドマグの販売促進な気もします。


ヘッドマグ周辺にはスプラウトに絡むような揚げパスタ。


食べるには、頭の上に乗せられた野菜を撤去。
この野菜は季節によって変わるそうなので、定期的にチェックしなければいけません。


この中にバーニャカウダソースが入っています。


マグに直接では無く、中のカップにソースが入っています。


このソース、私には少し少なく感じたので追加させてもらえると助かります。


完食しても、ヘッドマグは持ち帰ってはいけません。



最近のグッズ販売状況が気になってショップ側へ・・・


最も客の目に付くゴールデンラインは、ほとんど市販品で埋められており(赤い部分)勿体ない状況です。


横名陳列棚は食品系を中心に並べられ、流石にその無い様だとガンダムカフェオリジナル商品が大半を占めていました。



ガンプラ焼き。


2月限定のガンプラ焼きが登場しています(公式Twitterで告知が有ったのは2月7日)




過去にも提供されていた内容なので、また後日にで食べるとします。






続きを読む